コスパ最強!キャバ嬢と付き合うために大金を使うバカ男にならない方法

キャバ嬢と付き合う

 

彩花
彩花

キャバ嬢は指名を取らないとポイントが稼げないから、とにかく自分の指名で、お客に来店して欲しいと思っている。

 

 

 ラインを最大限に活用して出費を最小限に抑える

星亜
星亜

だから、店とは関係のない日常的な二者間でのコミュニケーションならラインで済むような内容でも、キャバ嬢が相手だと、

 

 

美麗
美麗

「ちゃんと会って話したいから、お店に来て」

 

ということになってしまう。

 

そうした場合、キャバ嬢の言う通り、期待して店に行って話を聞いてみると、

 

 

男代表
男代表

「何だ、その程度のことならラインで済むじゃないか」

 

となるのは、ほぼ間違いないと思っていいだろう。

 

だから、そうならないよう、店に行く前になるべく頻繁にラインをやり取りして、必要な情報は集めておくようにするのが賢いやり方だ。

 

例えば、同伴の約束を取り付けるために、わざわざ店に行く必要はなく、その程度のことはラインで済むであろう。

 

もっとも、その女の子とはフリーでついたことがあるという程度の面識しかなければ、あまり遠出するような話だと警戒されて断られるだろう。

 

 

星亜
星亜

初回は店近辺で食事か呑みかカラオケくらいにしておくのが無難だ。

 

次の同伴のことは、その同伴している時に話合っておいて、店を出た後、ないし後日、具体的な約束をラインで済ますようにしよう。

 

つけ加えると、その女の子が同伴でどこまでサービスしてくれるかということも、ラインをやり取りするうちに、ある程度、分かる場合もある。

 

その結果、この子はモノにならないなと察しがついたなら、

 

 

男代表
男代表

「◯◯ちゃんは忙しそうだから諦める」

 

 

 

彩花
彩花

といった内容のラインを打てば、見込みのない子に深入りせず、かつ、出費を最小限に抑えることができる。

 

 

ナメられていると感じたら深入りせず、すぐに手を引く

 

彩花
彩花

女の子に接する時、モテるコツは優しい人だと思わせることだ。を入力してください。

 

 

しかし女の子によっては客を優しい人だと感じると、何をやっても怒らない人だと勝手に考えて自分の都合のいいように利用しようとする子がいるというのも、また事実だ。

 

キャバクラ遊びをたくさんやって経験を積まないと、利用されているだけなのかどうか見極めるのは難しいのだが、一つの基準として、もし自分がその子の彼氏だったら女の子はそういう行動をするだろうかと冷静に考えてみると分かり易いかもしれない。

 

例えば、女の子から

 

 

絵麗奈
絵麗奈

「一つ、お願いがあるの。今度の月曜日は忙しくて、ゆっくり時間が取れないけど、同伴しないとマネージャーに怒られちゃうから、7時に店の前で待っててくれない?」

 

 

というラインが送られてきたらどうだろう。

 

もし、自分が彼氏だったら、ないしは彼氏候補だったら、こんなラインは打ってくる筈がない。

 

 

星亜
星亜

こうしたラインを送ってくるようならナメられている証拠だ。

 

女の子の言う通り店前同伴しても、すなわち事実上、同伴でないのに同伴料を払っても、感謝こそしてくれるだろうが、ますますつけ上がってくるのがオチだ。

 

だから、この類いのラインを受信したら、例えば

 

 

男代表
男代表

「◯◯ちゃんが彼女だったら店前同伴もすると思うが、今の状態じゃゴメンなさいって感じだな」

 

 

とでも返信しておけばよい。

 

 

彩花
彩花

そうすれば、再び返信ラインが来て、自分に対する本音が暴露されるはず。

 

 

深入りしないで手を引く踏切りがつけられるきっかけになるのだ。

 

 

美麗
美麗

見込みがないと分かれば不思議と指名しようという気力はなくなるものだ。

 

 

電話代を抑えるため、わざと不在着信を残す

彩花
彩花

携帯電話の通話料は高く、何かある度に、こちらからかけていると、かなりの出費となる。

 

 

もっとも、現在はラインが利用できるので、用があればラインを送っておけば済む場合も多いのではあるが。

 

基本的にはラインを送り、急用ではないが相手と電話で話したい場合、不在着信を残すというテクニックもある。

 

なお、不在着信を残すメリットは電話代がかからないだけでなく、女の子に自分の存在を思い起させる効果も期待できる。

 

つまり、

 

涼夏
涼夏

「一体、何の用があったのかしら?」

 

と相手に自分の存在を気にさせることができるというわけだ。

 白黒をはっきりさせない曖昧なラインを送ると返信率が高くなる

 

彩花
彩花

人間とは不思議なもので、自分の中で理解できないことがあると、何とかして理解したいという衝動にかられる性質があるようだ。

 

 

不在着信をみて

 

 

美麗
美麗

「さっき電話くれましたよね」

 

と電話をかけてくるのは、この性質が端的に表れた例である。

 

これと同様に、ラインの文章にクエスチョンマーク (?) を入れたり、文末を「…」で終わらすと不思議と返信率が高くなるのである。

 

一例を挙げれば

 

 

男代表
男代表

「やっぱり◯◯ちゃんより、ブスでスタイル悪くても、俺のことを本当に好きになってくれる子を選んだほうが幸せなのかな…」

 

とラインを打てば、指名替えされることを恐れ、何かしら返事が返ってくるはずだ。

 

なお、このラインの文章は、巧妙にできていて、女の子のメンツを保ちながらも、女の子に指名替えをされるかもしれないという危機感を煽る構成になっている。

 

 

星亜
星亜

キャバ嬢にラインを送るにしても、かなり頭を使う必要があるのだ。

 

 

女の子との関係を断ち切る最も手っ取り早い方法

 

彩花
彩花

曖昧さの無いラインは、返信率が低くなる。

 

例えば、同伴で店への入店時間のちょっと前にしか時間を作ろうとしない子に

 

 

男代表
男代表

「俺と店の外で長い時間、一緒にいようとしないのは、俺のことが好きじゃないからだ!」

 

 

とラインを打っても、まさにその通りなので返事は返ってこない。

 

または

 

星亜
星亜

「そんなに早く起きれない」

など、バレバレの嘘の返事しか返ってこないものである。

 

そうであるなら、この性質を上手く利用する最も有効な場面は、女の子との関係を断ち切る時ということになる。

 

この時、どんなラインを打てばいいかというと、

 

男代表
男代表

「もう指名することはないが、それでもよければライン下さい」

 

などと送っておけば、それっきりとなる公算が強い。

 

もっとも、いきなり、このラインを打っても

 

星亜
星亜

「何で突然?」

 

ということになるから、それに至るまでのプロセスはあるわけだが。

 

指名しない、というラインを打つことで相手との関係に終止符を打てる理由は簡単で、キャバクラ遊びというのは女性を指名する代わりに、その女性に恋人気分を味わわせてもらう一種の心理ゲームだからである。

 

だから指名をしないということは、そのゲームが終わったということを意味するのだ。

 

 

涼夏
涼夏

ただ、仕事慣れした女の子は、その指名のことを意識させないで仕事をするために、その当たり前のことを忘れてしまいがちなのだが、その一言を伝えた途端、お互い目が覚め、ゲームは終わるのである。

 

 

自分のことは小出しにして女の子に伝えよう

 

彩花
彩花

曖昧さがあると相手の注意を引く効果があるというのは、ラインに限った話ではない。

 

これは女の子との会話においても当てはまる法則である。

 

例えば、自分の話をする時に初回に全ての話をしてしまうのではなく、会う度に少しずつ話していくようにする。

 

その際、むしろ自分のPRになることほど、もったいぶって、

 

 

男代表
男代表

「今度、その話はするね」

 

と、すぐに話さないようにすると効果がある。

 

例えば、キャバクラ嬢の学歴が高い場合、客がどこの大学を出たとかいったことに非常に強い関心を持っている。

 

もし、あなたが一流大学出なら、初回にはわざと、その話はしないで次回以降に引き延ばしたほうが、自分に対するキャバクラ娘の関心を長時間、維持できる。

 

 

星亜
星亜

こうした話はいわば手品のタネのようなもので、聞く前には非常に興味を持つのだが、一度、話してしまうと、急に冷めてしまうようなところがある。

 

 

だから、初回に自分のプロフィールのほとんど全てを話してしまうのは下手なやり方で、最初のうちは、むしろ女の子にインタビューするような気持ちでいろいろ聞き出し、自分の恋人候補とすべきかどうかの判断材料を集めることに専念したほうがいいだろう。

 

そのうち女の子のほうから

 

 

絵麗奈
絵麗奈

「あなたのことも話して」

と言ってくるだろうから。

 

相手が喜ぶことをした後に告白すると女の子の本音が分かり、後腐れがない

 

彩花
彩花

キャバ嬢にもいろいろいるが、どんな子も仕事慣れしてくると、お客を長い期間、引っ張るテクニックを身に付けてくる。

 

例えば、初めての客がフリーで入店した時、女の子は自分の客にしようと目の色を変えて自分にアプローチしてくる。

 

こういうケースで、例えば10月頃、お客が

 

 

男代表
男代表

「恋人募集中?」

 

と聞こうものなら、

 

 

星亜
星亜

「これから寒くなってクリスマスとかで盛り上がるから欲しいよね」

などと答えるかもしれない。

 

キャバクラ遊びのビギナーなら、この言葉を聞けば彼女になってくれるかもしれないと期待してしまうだろう。

 

しかし、その時期には海外旅行ないし留学に行く予定を既に立てていて、そのための資金を貯めるための短期のアルバイトとして働いているだけだというのは、よくある話だ。

 

 

涼夏
涼夏

このように、女の子が仕事馴れしてくると本音が分かりづらいが、これに対処するには、女の子にプレゼントをあげたり、女の子が食べたいと思っている、ある程度、高価な食事をご馳走した後に、愛の告白をするやり方がいいと思う。

 

 

それは、相手が喜ぶことをして、ある意味、相手に貸しを作った状態で告白したのに、それでも、さらに店に通わせるような時間稼ぎとも取れる返事しか返ってこないのなら、この先、いくら貢いでも、いい結果が出ないのは目に見えているからである。

 

しかも、こうしたやり方でフラれたとしても

 

 

男代表
男代表

「◯◯ちゃんは見込みがないから諦めた。また新しい女の子を開拓することにするね」

 

 

とでも、店を出た後にラインを打っておけば、後腐れなく、スムーズに指名替えしやすい場合が多い。

 

つまり、女の子のほうではなく、自分のほうが哀れになるような演出をすれば、尾を引きにくいというわけだ。

 

 

彩花
彩花

なお、この方法でプレゼントを渡す場合は、高価なものである必要はない。

 

それほどタイプでない女の子に見込みがないとわかった時の対処法

 

彩花
彩花

彼女を探しているお客の本音としては、ある程度、可愛い子がOKしてくれればラッキーといったところではないだろうか?

 

 

だから、フリーで入店し、並以上の女の子と何人か巡り会った時、話の内容から一番見込みのありそうな子を次回、指名するようにしたらいいと思う。

 

なぜなら、いくら気に入った子でも、初回の話だけでも彼女にするのは無理だと分かってしまう場合がある。

 

 

涼夏
涼夏

そんな子を指名しても、彼女にできないので単なる無駄使いだからだ。

 

 

さて、一番見込みがありそうな子を指名したとして、それで簡単に目的が達成されるかというと、世の中、そんなに甘くはない。

 

何回か指名していくうちに、女の子の話し方が社交辞令っぽくなってきたり、同伴の待ち合わせの時間よりもかなり遅れてきたり、あるいは同伴の約束をキャンセルしてきたりと、だんだん彼女になる見込みが薄くなってくるというケースはよくあることだ。

 

 

星亜
星亜

ある程度、妥協して指名した女の子に見込みがないと分かった時は、上手く関係を終わらせて、別の女の子を開拓したほうがいい。

 

こうした場合はプレゼントを用意する必要はなく、ラインで交際を申し込むという、やり方がいいと思う。

 

この時のラインの内容は

 

 

男代表
男代表

「真剣に交際したい」

 

といった感じで、遊びではないという感じを出すようにする。

 

一方、女の子のほうは既に、あなたのことを恋愛対象とは考えていないわけだから、普通の女の子なら、相手が真剣になっているのに、ただ店に通わすのは悪いと思う筈である。

 

 

美麗
美麗

だから、女の子にその気がない時、こうしたラインを女の子がもらったら、まず返事は返して来ない。

 

 

そして、1日か2日待って返事が返って来なかったら、次に

 

 

男代表
男代表

「今度の*曜日、**ちゃんの気持ちを確かめるため店に行きます。ラインで済ませたかったら送っといて下さい」

 

とラインを打つようにする。

 

そうすると、店に行く前日までには、その気はないといった内容のラインが送られてくることが多い。

 

そのラインさえ貰ってしまえば

 

 

男代表
男代表

「彼女を探しているから他の子を指名したい。さようなら」

 

 

とラインを送っておけば、それっきりとなり、尾を引かず新しい女の子を開拓できる場合が多いのだ。

 

 

彩花
彩花

だから、女の子にその気がない時、こうしたラインを女の子がもらったら、まず返事は返して来ない。

 

女の子が体に触れられたくないことを逆手に取る

彩花
彩花

実際に同伴などしていくうちにフィーリングが合わないと分かってきたが、でもエッチはしてみたいというケース、すなわち、彼女にしたいとそれほど思わないがセックスフレンドにはしたいというケースはどうすればいいだろうか?

 

 

こういう場合の男の本音としては、女の子が寝てくれるのかどうか結論を早く知りたいということだと思うが、そういう時は、例えば

 

 

男代表
男代表

「今度の同伴の時、カラオケボックスで抱き締めてもいい?」

 

とラインを打つのが手っ取り早いと思う。

 

そうするとキャバ嬢は体に触られることを嫌がる子が多いから

 

 

星亜
星亜

「まだ、あなたのことがよく分からないから、もうちょっと待って」

 

といった類いの時間稼ぎみたいなラインが恐らく返ってくるであろう。

 

そうしたら

 

 

男代表
男代表

「俺は性欲が強くて野獣みたいな奴。エッチな子じゃないと合わないよ」

 

とでもラインを打っておけば結論は出ると思う。

 

つまり、キャバクラはお触り禁止というルールを逆手に取って、女の子の本音を引き出し、ズルズル店に通わないで、あわよくばエッチできれば儲け物といった戦略で対応するというわけだ。

 

 

彩花
彩花

ただし、よく行く店で、この方法を使うと自分の評判も悪くなるから、店のシステムが他の優良店より見劣りし、そんなに通うつもりのない店で使うことをお奨めする。

 

 

全くタイプでない女の子から営業された時の対処法

 

涼夏
涼夏

キャバクラ遊びをしている時、できにくいことが二つある。

 

そのうちの一つは場内指名で、理由は自分の席についている女の子に悪いからである。

 

そして、もう一つはフリーで店に行った時、タイプでない女の子が連絡先を教えて欲しいと強引に要求してきたのを断ることで、理由は、その女の子のブライドを傷つけるのが心苦しいからである。

 

そんな訳で、女の子が

 

彩花
彩花

「もし良かったら連絡先を教えてもらえますか?」

 

という程度なら

 

 

男代表
男代表

「今度来る時、店に電話するから」

 

とでも言っておけば、かわすことができる。

 

中には、かなり強引に聞き出そうとする子もいるので、嘘の電話番号やラインアドレスを教えるわけにもいかないので、その時は自分の番号やアドレスを教えるハメとなってしまう。

 

教えてしまえば当然、後日、営業ラインが送られてくるが、もちろん、そのラインには

 

 

彩花
彩花

「ポイントを稼ぎたいので今度、指名で店に来て下さい」

 

とか本当のことは書かれておらず、また会いたいだの話したいだのといった内容のものが多い。

 

さて、それでは、こうしたラインが送られてきた時、どういうラインを返すのが一番、スマートに以後営業させないようにできるであろうか?

 

回答例としては

 

男代表
男代表

「話したい? でも店の中ででしょ?要するに指名して欲しいんだよな。その気になったら俺からラインすっからよ」

 

 

とでも打っておけばいいのではないかと思う。

 

こういったラインに対し

 

彩花
彩花

「店に来なくていいから、また会いたい」

 

と返事が来ようものなら、本当に会ってしまえばいいわけだ。

 

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました