キャバクラの猛者たち40代、50代が成功例を語る オレに続け!

キャバ嬢と付き合う

はじめは冗談半分。でも、おし次第でOKになることも…

 

 

佐伯元治 (仮名)59才 製薬会社勤務

 

男って、いつでもOKだけど、女のコって、そんなわけにもいかないでしょ。

 

でも時々はじめて会ったのに、不思議と気分的にか、生理的に肌があうな、ジャストだなって思える瞬間ってあるじゃないですか。

 

僕が女のコと上手くいったときの話をすれば、仲間といっしょにキャバクラに行って、H系の話題のときに、「じゃあ、僕とやってみる?」って聞くんです。

 

テーブルが盛り上がってて、みんながけっこう飲んでたりすると、女のコが思わず軽い気持ちで「いいよ」って言ってしまうことがある。

 

はじめは冗談半分やシャレみたいなものだと思うんだけど。

 

そこが僕の狙い目なんです。

 

「じゃ、今晩にでも」と追い討ちをかける。

 

もちろん、しつこくならない程度に。

 

いつも僕は、おとなしいほうだから女のコも安心してる。

 

その僕が時々、積極的になる。

 

そうすると、女のコも後にひけなくなるみたいです。

 

「いいよね」、「わかったわよ」。

 

「ホントだね」、「ホントよ」ってやり取りをしているうちに女のコがココロをきめて、その先のことを想像しているのが感じられるときってあるんです。

 

しかも、酔っているし、細かなことは面倒くさくなってくるし。

 

そこで、僕の場合、店を出たら直行でホテルへ行きます。

 

ちょっと性急な感じがするかもしれませんが、食事したりしてると女のコの気分が変るかもしれない。

 

アルコールだったらホテルにもある。

 

中途半端に食べると眠たくもなる。

 

せっかく女のコがその気になってくれたのに、速効で行かないと失礼でしょ。

 

僕は友達に誘われたときしか、キャバクラとかに行かない。

 

でも、もう4回はオイシイ思いをしてます。

 

そう考えるとヒット率は高いほうなのかな。

 

 

 

ちょっと年上の女のコを狙い。そのほうが安心できるから

 

木村勲 (仮名)49才 文具メーカー勤務

 

私の場合、この年齢を武器にしています。

 

どんな店でも、ひとりやふたり、ちょっと年をくったコ、というと失礼かもしれないけれど、いますよね。

 

ほとんどの女のコは、18~23才ぐらいなのに自分だけ分28才というコが。

 

ほかの女のコからは、お姉さん扱いされている。

 

そういったコ狙いなのです。

 

そうしたコは、若いコの話題に、どこか無理がある。

 

だから、私のような年齢の小父さんに対して安心感を抱くのです。

 

自分としても18~19のコより話しやすいですからね。

 

当然、どことなく大人な会話になる。

 

若い人(客)の切実なH話と違って、余裕もある。

 

この私もH話は、嫌いではないので時々しますが、いかに優しいSEXをするか、という感じで話を進めます。

 

若いコは、素直に喜んでいる。

 

でも、20代後半のコは、聞き入ってしまうときがある。

 

それは、イマジネーションをふくらませている証拠。

 

そういった態度のコは、ほとんど落とせます。

 

 

 

純粋にキャバクラが好き。理想の存在を探している感覚が。

 

 

夏目雄二 (仮名)47才不動産会社勤務

 

僕は、彼女狙いです。

 

遊びのコを探している人もいますが、僕は違います。

 

半年前まで付き合ってた彼女もキャバクラのコでした。

 

実は、その前も。

 

僕の場合、ちゃんと付き合います。

 

僕のほうがマジになりすぎてフラれるんですが…。

 

キャバクラだと、ちゃんと出会いが用意されているでしょ。

 

問題は、お金がかかること。

 

だから、早い時間しか行きません。

 

その分、気に入ったコができたら回数を多く通います。

 

煙草もやめました。

 

昼飯や夕食も4~500円しか使わないようにしています。

 

純粋にキャバクラが好きなんです。

 

実物のカタログの中から、理想に近い存在を探しているような感覚が。

 

ですから、気に入ったコには、プレゼントでせまります。

 

女のコは、マメな男に弱いはずですからね。

 

アフターができない分、それくらいは…って感じです。

 

 

 

アフターで行ったバーのトイレで火がついて…

 

相沢聡史 (仮名) 58才 CDショップ勤務

 

友達と出かけた六本木の店で閉店をむかえ、女のコたちとアフターすることに。

 

バーに行き、そこでガンガン飲みまくりました。

 

僕が目をつけていたルミちゃんとは、店にいるときから盛り上がっていて、「このコとやりたいな」と思っていました。

 

金曜日で、僕たちが行ったバーはメチャメチャ大混雑。

 

トイレも順番がこないほど。

 

僕が用を済ませてトイレのドアを開けたら、ルミちゃんが女性トイレの前で順番を待っていました。

 

僕は彼女を男子トイレに引き入れました。

 

入口の鍵を掛け直し、彼女を抱きしめキス。

 

彼女も積極的に応えてくれて、トイレの中で…と思ったら、ノックの音。

 

鍵を開け、酔った女のコを介抱しているフリをしながらトイレを出ました。

 

何気ない顔で席に戻ったのですが、ふたりとも身体に火がついてしまい、友達を置き去りにしてホテルに。

 

ふたりでシャワーを浴びながら、そして浴室で、ベッドでと、久し振りにやりまくることができました。

 

その後も時々、連絡を取り合っています。

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました